忍者ブログ

MMOマビノギのプレイ記録

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

I'm hungry!

メンテナンスに次ぐメンテナンスで、マビノギに接続不可能だった某月某日のこと。
これはskypeでの会話内容の一部です。





私の身内は食いしん坊揃いなので、私としてはこれが普通だと思っているんだけど、どうも周囲ではそう思ってはいないらしい。
絵本の『はらぺこあおむし』を自分の仲間と考えること自体が、絶対におかしいとよく言われるのでね!
PR

今日も今日とて放置中

書こう、書こうと思いながら、ブログを随分更新していなかったのは、ほとんどマビをしていなかったからだけど、それじゃ何をしていたのかといえば、本を読んだり、絵を描いたり。
もちろん授業以外で絵を描いたことはなかったので、実力の方は推して知るべしなんだけど。

だけど案外描いていると、下手なりにあれもこれも描いてみたいと夢は膨らむものだったらしい。
現在は色鉛筆を使って描いているけれど、いつかは水彩とかやってみたいなーなんて。
描きたいのは、花や動物(特に猫)、食べ物、雑貨の類、風景、子供を含めた女性たち。
できれば絵本みたいな可愛い絵を描きたいんだ!(……それ以前に早く上手く描けるようになれ。)

現在、超初心者の私は、元美術部員の二人にいろいろ教えて貰いながら修行中ってところ。
skypeの画面共有で作業を見せてもらったり。

で。
今回は絵を貰ったので、ネタもないし貼り付けてみようかなと。
ちょうど私のメインキャラの絵だしね。

 

……。
どうもパナッシュ2号夫妻は、いろいろと私のことを誤解しているようだ。
ヘッドセットから、爆笑する声が聞こえた気がするのは私の気のせいだろうか?
仕方ないので訂正しておいたが。
正しくは、



である。

心にしーっかりと!
刻み付けておくように!!!

いじょ。

風薫る

五月だよ、五月。
GWの連休とは関係がないので、普段通り過ごしている女王です、ちぇっ。

このところツイッターのタイムラインに影響を受けて、私が12、3歳の頃に夢中で読んだ本を読み返してます。
フォローした段階では気付かなかったのですが、相手も同じ本を読んでいた人だったので、TLの話題に上ることもあるんですよね。
そして読んでいると、私の中の少女の尻尾がむずむずと動き始めます。
児童書といいながら、数年前の文庫化では一作につき二冊にわけて発行されたくらいにボリュームのある本で、お小遣いで買うには値の張る本だったため、三冊揃った時の嬉しかったことといったら。
当時かなり頑張って買った本なので、扱いもそれはそれは丁寧で、今でも見た目はかなり奇麗です。
勾玉を連ねた「力」の御統(みすまる) 手にして追うのは「白鳥」の行方…なんて書かれた帯まで、しっかり残っています。

章の頭に和歌が挿入されていたため、当時の私はそれなりに和歌に興味を持ったりもしましたっけ。
瀬をはやみ~とか。
ええ、全然詳しくはならなかったですけどね。

NHKで『SHERLOCK』を録画した時だったかしら、『アテルイ伝』っていう番組のCMが流れてて、気になって仕方なかったり、まだ学生だった頃に某所へ連れて行ってもらった時には、空色や薄紅色の勾玉も欲しいけれど、緑白黄黒の勾玉も買い集めてヒロインの持っていた御統を再現してみたい欲に駆られそうになったりと、アニメ漫画芸能には疎くとも確実にオタク気質の私。
まほろば、富士山、三野の国、寿々香、伊津母の国、日牟加の国、日高見の国、五瀬、平安京、蝦夷(この場合は「えぞ」ではなく、「えみし」)など・・・・。
読んでいると、なんだかヒロインたちの冒険を辿って旅行へ行きたいなーなんて思ったりするわけです。
というわけでGWが終わったら、私の中の少女を連れて小旅行もいいかなあなんて考えているのでした。
まったく単純だこと。
思い出に浸って一人でニヤニヤして、周囲から怪訝な顔を向けられないように、せいぜい気を付けたいと思います。
だって大人ですものね?

Are you happy with that?

警告

本日は愚痴の日につき、ここから先は閲覧注意。

遺伝子、恐るべし

私の好きなものは子供の頃からあまり変わってはいないらしい。
例えば好きなテレビ番組。
子供の頃には『ひとりでできるもん!』でしょ、今は毎週欠かさず見ている『グレーテルのかまど』や毎年秋にBSで放送される『スイーツ甲子園』。
全部食べ物が絡んでるじゃないか。
簡単に言っちゃうと食い意地が張っているの一言に尽きるんだけどね。
ついでに私は、『天空の城ラピュタ』は目玉焼きトーストの映画だと思っている!
これは絶対に今は亡き祖父の遺伝子がしっかり根を張っているのに違いない。
おかげで私は二つの欲望の間で苦悩するという運命と生きることになったわけだね。
ある意味では血の呪いだよ、これ・・・・。

な~んて言いつつ、本当はいつだってもう一つの欲望は食欲に押され気味。
ということで。
某所で開催中のお菓子のイベントまで行って来ちゃいました~!!!
食べ物のイベントだよ?
私が行かないわけがないじゃない。
いやね、もう随分前から前売り券も用意してあったし、楽しみにしてたんだ。
あ、でも写真はないのだよ。
だって撮りたいと思った工芸菓子は、奇麗だったけど撮影禁止だったんだもの。
バザールは入るのに2時間以上待ちの行列で泣く泣く諦めた。
一人で行ってたら我慢して並んだかもしれないけどねー、私は食い意地張ってるし。
で、美味しそうなお菓子をたくさん撮影して、Kさん夫婦に見せびらかして歯軋りさせるというささやかな野望も、脆くも潰えた。
教室も予約が取れなかったから参加できないし、正直にいえば不完全燃焼だよ!
私はもっと遊び倒したかったんだ!!
いや、食い倒れたかったんだ!!!
平日でそんなだもの、GW期間中はきっとやってられないだろうな~。

食べることには並々ならぬ執着を見せる、女王の中の人でしたとさ。
ウヒャ。

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
緑の瞳の迷走女王
性別:
非公開
自己紹介:

まさかマビに居座ることになるとは思いもせず、他ゲームから出張して来た、一プレイヤー。
本人が全力で否定したにもかかわらず、周囲の誤解と無理解から、気が付けば“誤爆の女王”などという甚だ不名誉な二つ名が・・・・。
おっかしいなあ。
本来なら”誤爆の”女王ではなくて、ほんとにフツーの、極めて一般的な女王様になるはずだったのに、どこでどう間違えた・・・・。

ちなみに座右の銘は、「長いものには巻かれましょう、短いものなら巻きましょう」。

マビでは鳥鯖に滞在中。

キャラ紹介 その1



種族:人間 ♀
赤茶の髪に、青緑の瞳。

中の人のメインキャラ。
変身姿を見ることはほとんどないけれど、一応はパラディン。
いつかそっくりな妹キャラを作って、そちらをダークナイトにする野望を抱いているけれど、メインストリームも終了してない現状では、当分なさそう。

キャラ紹介 その2



種族:エルフ ♀
金髪に、薄青の瞳。

マビ開始直後のメインキャラ。
長い休止の後、再び活動を開始した。
再活動に伴い、そっくりな弟キャラも誕生。

・・・・それにしても、どこかで見たような光景だわ。

キャラ紹介 その3



種族:エルフ ♂
金髪に、薄青の瞳。

現在唯一の男キャラ。
取ろうと思っていた名前が全て取れなかったため、名付けはてきとー。
「“ニダス”だっけ?“ダニス”だっけ?」なんて、本人が間違えることも多々。
最近になってようやく、ベルギーの某チョコレートメーカーの名前と関連付けることによって覚えつつあるけれども・・・・。

キャラ紹介 その4



種族:人間 ♀
黒髪に、青緑の瞳。

別ゲームでの倉庫キャラと同じ名前を付けられた、郵便倉庫アカウントのメインキャラ。
ずっと簡単アカウントのまま放置されるも、不意に中の人の気が向いたために、名前だけは引き継いだ累計1の新キャラとして再び誕生。

キャラ紹介 その他

メインアカウントの1st人間キャラやジャイ等、十把一絡げにされる可哀相なキャラが少々。
荷物持ち及びアイテム回収が主なログイン理由。

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright ©  -- 女王様は迷走中☆ in マビ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]